• ホーム
  • 株価のランキングってなに?

株価のランキングってなに?

グラフを分析しているビジネスマン

株に関する各情報媒体では、株価のランキングが公表され頻繁に更新されています。
ランキングのテーマは様々で、順位の決め方もテーマにより異なります。
投資家にとっては自分が投資すべき銘柄を探すための参考の1つであり、初心者にとっても株式投資の状況を知る為に役に立つ情報です。
ランキングを上手く活用すると、株式投資がより有意義な形にできます。例えば、積極的に投資を行いたい方であれば、株価ランキングの中で売買代金をテーマにしたものを参照するのが適切です。
この場合の順位の決め方は、売買代金と呼ばれる株の売買が成立した金額が基準になっています。
成立金額が多いものほど、高い銘柄ほど上位に食い込んでいて、活発な取引が行われていると判断が可能です。
積極的に投資を行うなら株価が上下する所に安く買って高く売る利益を生み出す余地があります。
この為、売買代金をテーマにしたランキングに注目すべきです。また、投資信託を考えている場合は投資信託のランキングを参照にするのが適切です。
投資信託の場合は、残高というデータに従って各銘柄の順位が決まります。
投資の対象が株式であれ不動産であれ、また商品や債券であれ残高が順位の基準です。こうしたランキングを取引の前に情報として参考にすれば、どの銘柄で取引をすれば利益を見込めるかわかります。
ただし、順位が高いものほど利益を得やすいとは限らないので注意が必要です。
単純に上位の銘柄へ投資する方法は危険を伴うので、リスクを考えた上で投資する必要があります。ランキングを上手く利用するには、他の情報と組み合わせて考える事が大切です。
順位だけではわからない企業の状態を把握すれば、現在の株価に比べて過大評価されているとわかる事もあります。
過大評価されている銘柄は評価され過ぎてランキング上位に位置しているので、これから株価が下がると予想できるでしょう。
このように、ランキングと他の情報を合わせる事でなぜその銘柄が評価されているのかを分析する事も可能です。

初心者でも参考になる株価のランキングとは

株価のランキングの内、初心者でも参考にしやすいのは売買代金をテーマにした物になります。
初心者の投資活動にありがちなミスの1つに、取引に参加する方々の数を全く考えずに投資をしてしまう事があるからです。
投資活動は購入した株から配当を得たり、売却ができたりしなければ意味がありません。
特に、積極的に取引を行って売買益を得たい方にとっては、取引の少ない銘柄の株を購入するのは危険です。売買代金をテーマにしたランキングを参考にすると、毎日活発に取引が行われている銘柄を知る事ができます。
上位の銘柄を選んで購入していく事で、株を購入したものの売却できないというリスクを避けやすくなります。
また、取引自体が初めてという方にとってはすぐに購入してすぐ売却する試し買いができるのも良い所です。ただし、株価のランキングの決め方は他者の基準による物という意識を持つ必要があります。
自分にとって都合の良い銘柄のランキングではないので、必ずしもランキング上位の銘柄に投資すれば儲かるという訳ではありません。
一例として、売買代金をテーマにしたランキングの銘柄を参考に初心者が本格的な投資を行うのは危険な部分もあります。
プロの投資家が関わっている事が多く、熾烈な競争が発生する危険があるからです。そこで、独自の視点で株価のランキングを決めていく事も大切になります。
例えば、長期的な視点で投資を行えばプロの投資家と利害が対立しにくく、比較的低リスクでの投資が可能です。
この認識の上で長期投資に適した銘柄の独自ランキングを作り、優先順位を決めていくやり方です。長期的な投資を行う上で株価のランキングを作るには、会社が発信している情報に目を通していく事が重要になります。
膨大な資料の全てに目を通す必要はありません。
見るべき資料と見るべきポイントは限られていますから、初心者でも会社の資料から健全な運営が行われているか、これから成長の余地はあるかを読み解く事は可能です。読み解いた情報を元に、どの銘柄がこれから伸びていくのか順位を考えてみましょう。
トップに資金を集中するよりは、2位や3位といった銘柄にも投資した方がリスクは分散できます。
株価のランキングは最初の内は上手く作れないかもしれませんが、経験を積んでいくに従って確度を高めていく事も可能です。
安定した利益を得ていく為に、重要な情報として役に立つでしょう。

サイト内検索
人気記事一覧