• ホーム
  • 証券会社について詳しく解説

証券会社について詳しく解説

株式投資を始めとする様々な投資に取り組むためには、証券会社を活用するのが一般的な手段となります。
上場している株式などの取引を行うためには証券会社に専用の口座を開設し、投資のための資金を預け入れて行うことになります。
現在では面倒な税金の計算などを自動的に行ってもらうことができると言うメリットもあり、投資家にとって利便性の高い存在になっています。
このような証券口座を利用せずに投資を行うメリットはあまり多くありませんので、主に個人投資家にとっては必要不可欠な存在であると言えるでしょう。近年増加傾向にある個人投資家の場合には従来の証券会社の役割であった、証券会社社員による様々な情報提供を受けることができないと言う仕組みがあります。
かつては資産家に対して株の銘柄の選び方等をレクチャーするのも証券会社の社員の役割の1つであったといえますが、近年増加傾向にある個人投資家に対しては一般的にこのような活動が行われていません。
多くの場合インターネットを通じて個人の判断で自由に行動することができる仕組みの方を喜ぶ傾向があり、自由に取引をすることができるツールの提供に力を入れる証券会社が増えています。株式投資を含めたすべての投資活動は、資産を大きく増やすことができる可能性があると言う点では大きなメリットがありますが、運用に失敗をすると資産を減らしてしまう可能性があると言う点はデメリットとして受け入れておく必要があります。
従来は証券会社の社員がそのような情報提供についてはしっかりと対応していましたが、現在では証券会社のウェブサイト等の情報を参考にして自ら学ぶスタイルの方が一般的となっています。
株の銘柄の選び方などについてもそれぞれが独自に検討を深めて行動に移すと言うスタイルが標準的な形となりました。
株式投資のメリットとデメリットについても個人レベルでしっかりと把握した上で許容できるリスクの範囲内で投資を利用するのが良いでしょう。

証券会社の社員になるメリット・デメリット

証券会社の社員の役割は、顧客に色々な投資情報や取引の提案をすることです。
社員でも自らの資金で株取引を行うことはできます。
メリットは多くの情報を収集でき、常に最新の情報が手に入るので売買のタイミングも掴みやすいことです。証券会社の社員は、常に経済や銘柄の選び方などの勉強が必要です。仕事で勉強したことを自分の取引に活かせます。
ネット証券では取引するにあって豊富な取引ツールを売りにしていますが、社員なら最新の取引ツールで銘柄情報などを常に確認できます。会社の費用で、証券外務員やファイナンシャルプランナーなどの投資に役立つ資格が取得可能です。
個人投資家はネット証券で自分で取引をしていますが、富裕層などは営業員が担当して取引することも多く、会社経営者などと知り合えます。
一流のサービスを提供する必要があるので礼儀など身に付けられます。デメリットは、インサイダー取引などの規制でいつでも売買できません。
購入するためには会社の承認が必要となり、短期間で売却もできません。購入してから半年以上の保有が必要など、一定期間の保有が必要です。
自分が購入した銘柄は顧客に提案してはいけません。顧客に買わせて不当に価格を釣り上げるのを防ぐためです。
勤めている証券会社以外で口座開設できないので、手数料の安いネット証券で取引もできません。金融業界はコンプライアンスが厳しく、自分で取引する場合はコンプライアンスに抵触しないようにする必要があります。
経済は常に変動しており、夜間取引や世界情勢や動向も確認する必要があるため、仕事が終わっても情報収集を行います。
気の抜けない事が多く、顧客に損失が出ると今までの信頼関係も壊れることがあります。