• ホーム
  • 資産運用はやったほうがいい?若い人におすすめな理由

資産運用はやったほうがいい?若い人におすすめな理由

資産運用と聞くと、難しいことであるとか、お金に余裕のある人に向けた話であるというイメージを持つ若い人も少なくありません。
実際に積極的な資産運用を行っている10代から20代の若い人はあまり多くありませんが、これからの時代を生き抜いていくにあたっては、是非注目していかなければならないことでもあります。
その理由が経済情勢です。かつての日本経済は、世界に類を見ないほどの勢いで成長を続け、一時的ではあるものの米国に肉薄するまでの経済成長を果たしたこともあります。しかしバブル経済が崩壊したあとは低迷を続けており、先進諸国の中においても賃金の伸びが鈍く、アジアの新興国や中東の産油国に一人あたりGDPで劣るようになるなど、所得の増加がいまだ見込めない状況にあります。
経済政策の改革によって多少は改善傾向にあるものの、バブル期のような好景気が訪れるという保障はありません。
そのためやはり着実に資産を増やしていくためには、給与所得だけでなく、まとまった資産を適切に運用することで得られる利益を確保することが重要です。
10万円をいきなり100万円にするような爆発的な儲けを期待して投資を行うという人がまれに見られます。
しかしそのような大幅な値動きを見せる相場での資産運用は、健全で確実なものであるとはいいにくいものです。やはり、リスクは低く抑えつつ、利益幅はなるべく広く確保できるように資産運用方法を考えていくということが得策です。
初めから自分には資産運用は無理だ、そのようなお金に関するマネジメントはできないと決めつけて、折角のチャンスにも背を向けてしまいがちな若い人もいます。しかし資産運用は始める年齢がはやいほど、その効果は大きくなるという特徴があります。
40歳の人が始めることと、20歳の人が始めることでは大きな違いがあるといえます。若さは一つの大きな武器であることは間違いありません。
資産運用デビューを果たし、安心できる収入の柱をもうひとつ確保してみてはいかがでしょうか。

資産運用が出来ない人の特徴

世の中に運動が得意な人と苦手な人、音楽が得意な人と苦手な人がいるように資産運用もまた得意な人と苦手な人に別れます。
資産運用ができない人の特徴として短気であることがあげられます。
とにかくすぐに結果が出ないと気が済まない、そういう人は残念ながら資産運用に向いているとは言えません。
資産運用するからには儲けたいと考えるのは当然ですが、一か八かのギャンブルと違い資産運用は長期的な視野を持ち計画的に利益を得ていくものです。外国為替証拠金取引=FXのように一夜にして10万円が100万円にまで増えるような運用方法もないわけではありません。
こうしたハイリターンが見込める運用方法は投資というよりも投機、ギャンブルに近い性質を持ち、ハイリターンの代償としてハイリスクである場合が多いです。
将来の資産形成のために行う資産運用で将来どころか現在の手元資産まで失ってしまうようでは本末転倒です。
資産運用を志すのであれば、少々の物事には動じない強い精神力を手に入れましょう。自分の心をコントロールすることは資産運用だけでなく、日常生活においても有益です。また過度にマイナス思考な人も投資には向いていません。
マイナス思考の人は過去の失敗をいつまでも引きずり目の前にあるチャンスを掴む勇気がなかなか持てないからです。逆に温厚で慎重派、長期的な視野で物事を考えるのが好きだという人は資産運用に向いています。
特に慎重かつプラス思考な人は投資家適性Aランクです。勇気を持って投資の世界に足を踏み入れることをおすすめします。
そして始めると決めたのならば迷わず明日からでも始めるべきです。
繰り返しになりますが資産運用は始める年齢がはやいほどチャンスとリターンも大きくなります。